亡くなった直後からのお葬式の準備

いろいろなケースがありますが、病院などで亡くなった場合、医師が臨終を確認したら、病室からご遺体を霊安室に移動させます。病院から別の場所にご遺体を移動させる時には、死亡診断書と呼ばれる書類が必要になります。この書類は医師が書くもので、亡くなった人の氏名や性別、死亡日時や死亡した場所、死亡原因などが細かく記載されます。この死亡診断書は死亡届と一緒に役所に提出する重要な書類です。また、病院ではなく事故などで亡くなったケースは、警察の指定医の検視を受けなければいけません。検視が修了後に、医師から死亡診断書が渡されます。死亡診断書はなくさないようにしっかりと保管しておきましょう。

続いて行うのが遺体の搬送です。病院で死亡した場合は、長時間ご遺体を霊安室に安置しておくことはできません。霊安室から別の場所にご遺体を移動させる手はずを整えましょう。病院で亡くなった場合は、数時間以内に遺体の移動を求められる場合も多いので、迅速にご遺体を搬送するための寝台車を手配する必要があります。寝台車をどう手配すれば分からないという場合は、亡くなった病院の提携の葬儀屋があればそこに依頼することもできます。事前に利用する葬儀屋が決まっている場合は、そちらに連絡を入れて寝台車の手配をしましょう。

寝台車で遺体を移動することになりますが、お葬式をどこで行うかなどによって、遺体をどこに運ぶのかは異なります。自宅に運ぶ場合もあれば、最初から通夜やお葬式を行う会館に運ぶ場合もあります。亡くなってからご遺体の搬送まで、あまり時間をかけることはできないので、すぐに搬送できるようにどこに運ぶのかを明確にしておくことは大切です。自宅に安置する場合に関しては、枕飾りなどご遺体を安置する場所に準備するものがいくつかあります。事前に自宅に搬送しようと決めている人は、ご遺体を迎えるための準備なども行わなければいけないということをしっかりと把握しておきましょう。