お葬式後の供養

お葬式が一通り終われば、遺族側もほっとしてしまうものですが、故人の供養というのはお葬式をして終わりではありません。葬儀後も遺族は亡くなった人の供養をしていかなければいけません。亡くなった人の冥福を祈り、葬式が終わった後もしっかりと供養をしていくようにしましょう。

まず、死後しっかり供養していかなければいけないのは四十九日です。仏教では、人が死んでから7週間の間はあの世とこの世の境をさまよっている状態と考えられています。この7週間の間は故人が7日ごとに、閻魔大王を含める十王から裁きを受けてその結果で故人の来世がどうなるのか決まると言われています。

そのため、残された家族は7日ごとに忌日法要を行って故人が極楽浄土に行けるように追善法要をするという考えがあります。家の後飾り壇も、四十九日までは片づけないようにします。日本は、仏式の葬儀や供養をする家庭が多いので、仏式で葬儀をした場合は四十九日までしっかりと家に後飾り壇を出し、故人の冥福を祈って供養してください。

また、四十九日が明けてからも命日の一年後には一回忌の法要を行うのが一般的ですし、その後も三回忌、七回忌、十三回忌というように決まった年に法要を行っていきます。基本的に、法要は参加する人の日時の都合もあります。命日当日に法要を行うのが理想ではありますが、もし参加者の都合などによって命日の当日に行うことができないという場合には、命日よりも早い日に行うというのが一般的なので覚えておくようにしましょう。また、故人がなくなってから一回忌までは遺族は喪中の状態なので、喪が明けるまではめでたい正月行事なども控える必要があります。