お葬式から初七日まで

通夜が終了したら、お葬式を執り行います。お葬式では、火葬の前に故人と最後の別れをすることになります。お葬式の際には、棺に参加者が花を入れて故人との別れを惜しみます。一般的に、葬儀が行われるのは通夜の翌日です。葬儀にもさまざまな流れがありますが、葬儀の流れに関しては、地域や宗派によっても若干違いがあるので、葬儀の前に葬儀会社に細かい一連の流れなどを聞いて把握しておく必要があります。特に自分が喪主となる場合は、細かい内容についても把握しておくことが大切です。

葬儀が終わったら火葬です。ご遺体を焼くことになり、その後骨上げという親族などが故人の骨を拾う儀式が行われます。火葬をするのには火葬許可証が必要ですが、一般的には葬儀会社が手配を代行してくれます。その点についても確認しておくとよいでしょう。火葬許可証は、火葬が終了後埋葬許可証として返されます。火葬では、僧侶が同行するケースとしないケースがあります。僧侶が同行しない場合には、葬儀会社が案内をするのが一般的です。火葬には少なくとも1時間程度かかるため、遺族は火葬場の控え室などで、参列者や火葬に参加した僧侶を菓子やお酒などでもてなすことになります。そのため、火葬の前に、控え室で出す菓子や飲み物類の準備をしておくようにしましょう。

その後、故人が亡くなってから7日目に行われるのが初七日の法要です。親族や故人の友人などを呼んで行われますが、親族の中には遠くから足を運ぶ人もいるので、場合によっては遺骨の迎え法要と一緒に行われる場合も多いです。遠方の親族がいる場合は、その人たちのことも配慮したお葬式のスケジュールを組むことも大切です。初七日が終われば四十九日までは、家に祭壇を用意し、位牌、遺影、遺骨を置きます。

ここまでが、一般的なお葬式の流れになります。しなくてはならないことも多く忙しいですが、この一連の流れを知っておくのと知らないのとではいろいろな負担が大きく変わってきます。スムーズに準備を進めていくためにも流れを把握しておきましょう。