お葬式の打ち合わせから通夜まで

遺体を安置したら、お葬式を依頼した葬儀会社とスケジュールの打ち合わせに入ります。この時、事前に依頼する葬儀会社を決めておくとスムーズにことが運ぶので、日頃から、希望に合ったお葬式をしてくれる会社をリサーチしておくといいでしょう。お葬式の日程を立てるために、いち早く菩提寺に連絡を入れて菩提寺の都合なども考慮した上で、葬儀会社とスケジュールを決めていきます。菩提寺が遠くにあるという場合は、菩提寺と同じ宗派の寺を紹介してもらうという方法もあるので頭に置いておきましょう。短時間で多くのことを決めなければいけませんが、大切な儀式なので、予算や日程などを考慮しながら着実にしっかりと決めていくことが重要です。

打ち合わせが終わったら、故人を送るために納棺という作業に移ります。ここでは、故人に旅装束を着せ送り出すための準備を行います。故人の身体を清めるための湯灌や死に化粧などをしたうえで、ご遺体を故人ゆかりの品物と一緒に納めます。基本的に、金属やガラス類など燃えにくいものなどは、棺にいれてはいけないことが多いです。地域によっても棺に入れていいものやダメなものなどは異なる場合があります。遠方での葬儀の時には特に気を付けて、葬儀社のスタッフなどに事前に確認しておくと安心です。

そして納棺をした後に行うのが通夜です。故人にお別れをするためのもので、通夜の日時などが決まったら、親族や故人と親しかった友人などに日時の連絡を入れます。一般的に告知の順番は親族を最初にし、友人や知人、職場関係者は親族に告知したあとで連絡を入れます。喪主や遺族などは、通夜でも弔客に対応することが多いため、場合によってはお手伝いしてくれる人を必要とする場合があります。早めに手配して確保しておきましょう。